銀行でお金を借りる借り方

銀行でお金を借りる


銀行でお金を借りる方法は、大きく分けて下記の2つの方法があります。

① カードローンで現金を引き出す
② ローンを組む(住宅ローン・自動車ローン・教育ローンなど)

① 銀行の借り方~カードローン編~

カードローン借り方


① お申込み
インターネット・店舗・郵送からお申込み
② 審査と回答
仮審査結果をEメールにてご連絡
仮審査が通った場合、必要書類の提出
③ カードのお届け
キャッシング機能付きカードのお届け
▼ 24時間365日
いつでも借り入れ可能!
提携コンビニ・ATMから現金のお引き出しが可能!

数ある銀行でのお金の借り方のなかでも人気なのがカードローンです。
銀行カードローンは安心、安全、低金利、高額借入可能とポイントが高く、 なんといっても総量規制の対象外ということで「収入の3分の1以上の借り入れも可能」なので、返済能力はあるのに収入が足りずに希望金額を借りれない!といった悩みもありません。

また、大手銀行のカードローンなら、インターネット申し込みによる審査回答最短30分といったサービスもあるので、 今すぐにキャッシングできる銀行の借り方としては、とても役立つサービスです。

インターネットで楽々~カードローン銀行の借り方~

  • インターネットで24時間申込
  • 証明書類も簡単アップロード
  • 自動契約機でカード受け取りで即日融資

銀行の借り方というと、平日3時までに窓口で手続きをしなければいけない...といったイメージがあるかもしれません。ですが、カードローンなら

インターネットで24時間申込

カードローンを利用する際には、カードローン契約が必要です。その前に必要なのが、審査申込です。
銀行窓口での申し込み、自動契約機での申込みなど、カードローンの申込方法はいくつかありますが、利便性が高いのがインターネット申し込みです。

パソコン、スマホ(スマートフォン)、ケータイなどでインターネット申し込みをすれば、曜日や時間を気にすることなくいつでも気軽にカードローンの申し込みをすることができます。通勤時間やちょっとした待ち合わせ時間などにも利用できますし、夜のうちにインターネット申し込みをしておいて、翌日にメールや電話で審査結果を受け取れば、契約手続きもスムーズです。

証明書類も簡単アップロード

カードローン契約には、運転免許証やパスポートや各種保険証などの本人確認書類の提出が必要です。

また、利用する銀行により金額は異なりますが、100万円を超える借り入れや200ま年を超える借り入れなど一定金額以上の借入限度額の場合には、本人確認書類のほかに源泉徴収票や確定申告書や所得証明書、住民税決定通知書などの収入証明書の提出を求められる場合があります。

これらの必要書類も、インターネットなら手軽に簡単アップロードで提出できます。
※アップロードが苦手!という場合は、インターネット申し込みをして審査回答を受けたあとに、契約手続きを自動契約機で行う方法もあります。あらかじめインターネットで審査申込を済ませておくことで時間短縮になります。

自動契約機でカード受け取りで即日融資

インターネットで契約まで済ませておけば、あとは自動契約機や銀行窓口でカードを受け取って、そのままキャッシングOK!

銀行窓口での借り入れはもちろんこと、提携コンビ二ATMなら24時間借り入れ可能なので、すぐにお金を借りることができます。


銀行からお金を借りる借り方

消費者金融お金を借りる借り方

このページの先頭へ