公共機関から融資を受ける方法 [お金を借りれる公共機関]

公共機関から融資を受ける方法


どうしてもお金が必要なときに、さまざまな理由によって、必ずしも働きに行ける状況ではないときもあるかもしれません。 そんなときに、十分な蓄えがあったり、その状況が一時的なものであれば良いのですが、あまり貯蓄に余裕がないときや働けない状況が続きそうなとき...公共機関から融資を受ける方法がわかれば、助けになるかもしれません。 こちらでは、国や公共機関から融資を受ける際に役立つ情報について公開しています。

総合支援金/総合支援資金

失業などで日常生活を送るのが困難とされる方などを対象に、生活支援費の貸し付けを行う制度です。
この総合支援金(総合支援資金)は、ハローワークと社会福祉協議会の支援を受けながら、生活の立て直しを行い経済的な自立を図ることが目的です。
生活支援費の上限は、2人以上の世帯で月額20万円、単身月額15万円で、最長12ヶ月となります。
申請窓口は、現在住んでいる住所を管轄する市町村の社会福祉協議会になります。

雇用保険

雇用保険は政府が管掌する強制保険制度で、働かれている方にはおなじみの保険制度ではないでしょうか。
失業した方や教育訓練を受ける方などに対して、失業等給付を支給しています。
また、失業の予防や雇用状態の是正・雇用機会の増大を行っていたり、労働者の能力の開発・向上そのほか労働者の福祉の増進などをはかるための事業も行っています。

年金担保貸付

年金受給者の生活を支援することを目的とした制度です。
厚生年金保険や国民年金(ただし老齢福祉年金は除く)、労働者災害補償保険の年金支払いを受けている方を対象に、保健医療、介護・福祉、住宅改修、冠婚葬祭などに必要な資金を融資しているのが年金担保貸付です。

被災者生活再建支援

さまざまな自然現象によって生活基盤に著しい被害を受けた方を対象として、被災者生活再建支援金を支給することにより、住民の生活の安定と再建を支援する。
自然現象とは、暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火などの自然災害となる。
制度の対象となる自然災害の規定があり、適用されるかどうかは都道府県から国、支援法人、市町村に適用報告のうえ公示される。
支援金の支給申請窓口は市町村となる。


銀行からお金を借りる借り方

消費者金融お金を借りる借り方

このページの先頭へ